社会福祉士事務所しあわせの空

「社会福祉士事務所しあわせの空」では、主に、

 

 ・成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人)
 ・任意後見人
 ・継続的見守り契約受任者
 ・財産管理委任契約受任者
 ・死後事務委任契約受任者

 

として、判断能力が十分でない方、将来の判断能力に不安がある方の生活をお支えするためのお手伝いをさせていただいています。

成年後見制度とは


成年後見制度とは、認知症、知的障がい、精神障がいなどにより、判断能力が十分でない方の権利を守ることを目的とする制度です(身体的な障がいのみである場合は利用できません)。
大きく分けて、判断能力が不十分になってから利用する「法定後見制度」と、判断能力が不十分になる前に利用する「任意後見制度(その他に、任意後見制度と一緒に利用されることが多い制度として「継続的見守り契約」「財産管理契約」)」の2つの制度があります。

成年後見制度利用促進のご案内(厚生労働省)


次のバナーからご覧いただけます。

 


社会福祉士事務所記事一覧

法定後見制度とは本人の援助者(成年後見人など)を本人や親族の意向などを総合的に判断して裁判所が決め、この援助者が本人に代わって契約をしたり、本人がした不利益な契約を取り消したりして、本人の生活や財産を守る制度です。本人の判断能力に応じて、次の3つの制度に分かれており、それぞれ、援助者の種類や、援助者の権限も異なります。対象者(判断能力)援助者後 見全くない成年後見人(成年後見監督人)保 佐著しく不...

任意後見制度とは将来、自分が認知症などで判断能力が低下した場合に備えて、あらかじめ、自分が選んだ援助者(任意後見人)に、療養看護や財産管理など、代わりにしてもらいたいことを公正証書による契約で決めておく制度です。法定後見制度と異なり、判断能力がある元気なうちに、自分の価値観や人生観をよく理解・把握してくれている人、自分が信頼している人を、援助者(任意後見人)として自分の意思で選び、自分に代わってし...