行政書士事務所しあわせの空

「行政書士事務所しあわせの空」は、主に次の業務を専門にお受けしております。

  • 契約書など(権利義務や事実証明に関する書類)の作成

 

生命保険と相続の関係

生命保険と相続の関係については、”生命保険と相続”をご覧ください。


 

行政書士事務所記事一覧

遺言書作成に関係する業務といっても、弁護士、司法書士、行政書士など、それぞれ100人いれば100通りの対応があります。例えば、「相続人の調査の有無、財産調査の有無や調査内容の深度、中立性の有無、公証役場での手続きのお手伝いの有無、証人の手配の有無、遺言執行の有無、調査書類の作成の有無、助言の有無」など、その対応方法は実に様々です。「しあわせの空」では、最初から最初まですべての行程(段階)に丁寧にか...

「遺言の執行」とは、遺言書に書かれている内容を実現することです。遺言事項(【法定の遺言事項】参照)のうち、一定のもの(未成年後見人・未成年後見監督人の指定、相続分の指定や指定の委託、相続開始から5年を超えない期間での遺産分割の禁止、相続人相互間での担保責任の分担、遺言執行者の指定や指定の委託など)は、遺言の執行は不要です。※ただし、執行の余地がある、あるいは、執行者の必要性があるとする見解もありま...

遺言書の作成などと同様に、対応者により、その対応方法は千差万別です。遺産分割協議書作成の業務は、主に次の@〜Cの4通りの方法が存在しますが、「しあわせの空」では、Cの方法によりご依頼をお受けいたします。@相続人調査なし、相続財産調査なし、助言なし⇒申し出どおりの真偽不明な内容の協議書を作成するのみ。A相続人調査あり、相続財産調査あり、助言なし⇒申し出どおりの真偽不明な内容の協議書を作成するのみ。B...

相続手続きには時間や費用がかかり、専門的な知識が必要となるため、先延ばしにしたいと考えてしまいがちですが、たとえ相続人が一人だけであっても、必ず必要な手続きがあります。放置したり、先延ばしにすればするほど問題は複雑化(相続した方がお亡くなりになり次の相続が起こって関係者が増えたり、疎遠な関係者が増えてしまって話がまとまらないなど)して、余計に多くの費用と時間がかかってしまいます。オンライン(ZOO...

相続手続には、主に、次の2通りの方法(遺産分割協議・遺言書の作成)があります。相続手続きは、「資産家の問題で自分たちの家には関係がない」と考える方も多くいらっしゃいます。しかし、資産家の方の場合、税理士や弁護士により、生前に対策がとられていることも多いため、意外にも相続人の間で揉めることは多くありません。このことは、次の統計により、数字的にも明らかとなっています。司法統計(平成30年度)によれば、...

相続は、子供や孫にお金が必要な頃に発生しやすいものです(進学、就職、結婚、不動産の購入、事業資金など)。その場合、それまで仲がよかった相続人間であっても、主張が折り合わないことが多くあります。特に、相続人でない妻や夫が絡んでくると収拾がつかなくなってしまいます。親族関係者間での争いほど辛く、禍根を残してしまうものはありません。適切な方法をとらないと、不動産が共同所有(共有)となったり、土地と建物の...

遺産分割協議は、次の事情等により、なかなかまとまらない場合もありますので注意が必要です。相続人全員の合意がないと、法律上、成立しません。 特に、次のような事情がある場合には、合意が困難です。 相続人の数が多い 相続人の中に未成年者がいる(家庭裁判所に特別代理人の選任申立て手続きも必要となる) 行方不明者がいる 非協力者がいる 仲の悪い相続人がいる 生前に贈与を受けた人がいる 先妻との間に子供がいて...

遺言書(「公正証書遺言」)を作成しておくことをお勧めいたします。遺言書があるのとないのとでは、天と地ほどの差があります。遺言書がない場合には、すみやかにご相談いただき、遺産分割協議を開始してください。放置したり、先延ばしにすればするほど問題は複雑化(相続した方がお亡くなりになり次の相続が起こって関係者が増えたり、疎遠な関係者が増えてしまって話がまとまらないなど)して、余計に多くの費用と時間がかかっ...

遺言書の作成を、お勧めするのは次の理由からです。遺言書があるのとないのとでは、天と地ほどの差があります。相続人間の無用な争いを防止することができます。遺産分割協議(法律上、必ず相続人全員の同意が必要)をする必要がなくなります。法定相続分などに関係なく相続の方法を決めることができます。遺言書に自分の気持ちや諸事情などを書き込む(付言する)ことで、例えば、相続する財産が少なくなってしまう方にも納得して...

公証人の関与のもとで作成されますので、最も確実であり、苦労して作成した遺言が無効となるおそれがありません。紛失、偽造、変造のおそれがありません。紛失しても再発行してもらえますので、安全で確実です。行政書士などを証人や遺言執行者とすることにより、秘密は固く守られ、また、遺言が確実に速やかに執行されます。病気などの事情で公証役場へいけなくても公証人に出張してもらえます。手話による通訳や筆談でも作成でき...

資料収集や原案作成などに、時間と労力がかかります。しかし、「しあわせの空」にご依頼いただければ、面倒で時間がかかる「資料収集、財産の調査、推定相続人全員の意志の確認、遺言書の原案の作成、証人や遺言執行者(候補)の選定と受任」など、すべてをお引き受けいたします。作成料や手数料などの費用がかかります。しかし、安全で確実な遺言を作成できることで、相続や遺される方への心配や不安から解放され、その後の毎日を...

終活とは終活とは、「人生の終わりについて考える活動」を略した造語です。残される家族のための活動であり、老後を有意義に送るための活動です。「終活とは」、「終活の方法」もあわせてご覧ください。終活のメリット@自分の意思が明確に家族に伝わり、老後の生活が前向きになります。A人生のゴールをある程度自分で把握・管理して、残りの時間を有効に活用できます。B病気やケガで意思を伝えられなくなっても、判断能力が乏し...

会社の種類について 会社には、主に「合名会社、合資会社、株式会社、合同会社」の4種類があります。合名会社、合資会社は「人的会社」といわれ、会社の債権者に対しての責任が「直接無限責任(出資した額を超えてすべての責任を負う)」となる形態の会社ですので、一般的には設立されることはありません。一方、株式会社と合同会社は「物的会社」といわれ、会社の債権者に対しての責任が「間接有限責任(自分の出資額を限度とす...

会社を設立する際にご用意していただくことが必要となる書類などは、次のとおりです。その他にも、ご依頼状況などによって、別途、ご用意いただく書類などが生じる場合もあります。なお、登記手続きは、司法書士へ依頼いたします。@個人実印の印鑑証明書 (法務局提出用、発行後3カ月以内のもの)・・・出資者の人数分 ※必要に応じて、追加をお願いする場合があります。A個人実印の印鑑証明書 (公証役場提出用、発行後3カ...

商号調査(当事務所でお引き受けいたします。)が完了し、会社の商号が決定したら、会社実印の作成をお願い致します。「会社実印」が作成未了(作成されていない)である段階では、会社設立ができませんのでご注意下さい。※会社実印の作成依頼方法等について、ご不明な場合はご相談をお受けいたします。会社実印行政機関に提出する書類や重要な契約書等に押印する印鑑です。法務局に登録し、法務局が発行する会社代表者の印鑑証明...

会社の設立登記が完了したあとに必要な手続きは以下のとおりです。これらが全てはありませんので、詳細等について、税務関係は税務署や税理士、社会保険関係は年金事務所や社会保険労務士、その他諸官庁に必ず確認してください。また、それぞれの届出や申請につき、期限が決められているものがありますので注意してください。なお、2020年1月より、法人設立後に必要な各省庁(税務署、都道府県/市区町村、年金事務所、労働基...

改正情報その他等詳細について、必ず税務署や税理士に確認してください。課せられる税金は、主に「法人税」「法人住民税」「法人事業税」「消費税」の4つです。法人税会社の所得を課税対象とする国税です。決算書の当期利益がベースとなり、税率は、課税所得の23.2%となっています。ただし、中小企業には軽減税率制度があります。資本金が1億円以下で、年間所得金額のうち800万円以下の所得金額については、15%の軽減...